読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今を取り戻す

振り返っても今は、もういない。でも、いつか、取り戻すことはできると信じて。

意識的に思考すること

 今日から思いつくがままに書く習慣をつけたいと思う。

機能、思いつきではじめたブログのように、時間を決めて、ただひたすらに書く。

まずは15分。短めの時間と想定しているが、果たしてどうか。

 

急に15分で何か書けと言われても何も思いつかないことが多いだろう。

そのネタを考えるために、ツイートを利用してみる。

 

ツイートはその時その時の考えを発している。

140字と短いので、ほんの思いつきで考えまで落とし込めていないことが多いが、こうしたブログのような場で深めれば良いのではないか。

 

そう思うので、基本的には、ツイートを引用する形で話題を展開していこう。

 

「思考」について。

ちょうど、昨日、未来授業というラジオ番組の池澤夏樹さんの会を聞いた。

www.tfm.co.jp

 

最後の会だったか、ツイッターで感情的な言葉が並ぶことに警鐘を鳴らされていた。

 

かつて、言葉を世の中に発することは難しかった。

誰か特定の人に届けるためなら、まだしろ、多くの人に一度に届けるためには、新聞だったり、本だったり、ラジオだったり、もう少し後だったらテレビだったり。

いずれにしろ、どこかしらの企業やら媒体を介していたのだ。

フィルターがあった。

 

しかし、今、SNSにはフィルターがない。

自分が思ったことをすぐに、一度に多くの人に届けることが出来るようになった。

 

しかもmixi日記の時代には、まだ、長文を考えなければいけないような空気があったが、ツイッターは140字で済む。スナップチャットなんて数秒の動画で済む。しかも、すぐ消える。

 

思いは、思考に落とし込まれる前に、感情の状態で発される。

発されることにより表現浴や自己顕示欲は満たされる。

 

 

感情を発すること自体が悪いわけではない。

しかし、感情でしか語れない状態に陥ることは非常にマズい。

 

感情は、得てして中間を失いやすいから。

YESかNOか、いずれかの選択を強いられがちだから。

 

極端なYESの、極端なNOの繰り返しは、いつか対立を生む。

 

感情に流されるのは楽だ。

考えなくて済むのは楽だ。

 

でも、争いのない幸せな社会を望むならば、僕達は考えなくてはならない。

 

そして、意識的に思考するためには、独りの時間を持つことが大事な気がしている。

 

ツイートに書いたように、最近、仕事以外の時間、なるべく話さないようにしている。

意識的に人との接触を避け、言葉を口から出さないようにしている。

 

そうすることで、言葉が手に向かうようになる。

書く方向に気持ちが向く。そして、書くことはその流れを考えること、つまり思考につながる。

 

話さない→書く→思考する

 

の流れを当分、意識していきたい。

 

※これから取材やインタビューを重ねることになるので、聞くための言葉は使っていく。が、なるべく、自分自身の意見を安易に言葉で発しないようにしていく。