今を取り戻す

振り返っても今は、もういない。でも、いつか、取り戻すことはできると信じて。

チームは、個人の可能性を最大化するためにあるのではないか

 僕自身は、個人の力を信頼している。

もちろんチームになることで、その個人の力が単なる倍々ではなく、想像できないような広がりが起きることも理解している。

 

でも、チームで話し合うことに果たして意味があるのかは分からない。

はっきりした個人の意見があって、そこにチーム内の他者が様々な切り口からツッコミを入れ、その1つの意見を磨いていく。

尖った部分を誰にも理解できるように丸くするのでなく、磨いて、更に鋭くしていく。

そこにこそ、チームが存在する価値があると思っている。

 

なので、ブレストというものは、選択肢を広げたり、チーム内のコミュニケーションを活性化する以外の意味は無いと思っている。

「互いの意見を否定しない」みたいなルールも定められてはいるが、言葉には出さなくても人間の正直な反応は出てしまう。

その反応によって、もしかすると最も尖っていたかもしれない意見は、押し隠されることになるかもしれない。

 

確かに、様々な切り口からの意見が集まることで、解決策の選択肢自体は広がるかもしれない。しかし、選択肢が広がることばかりが良い訳ではない。

 

イデアや企画は、実現されなければ無意味だ。

むしろ、選択肢を増やすことは、そのやらなかったこと、やれなかったことに対する後悔の可能性を増やすということだ。

 

ブレストなんてやらず、一人ひとりが意見を持ち、それを自分自身で責任を持って実現する覚悟を持った者をチームは支え、磨いていくべき。

 

矢面に立つ勇気を持った個人の可能性を最大化することに努めるべき。

 

もちろん、その1人のためだけに回るのでは、周りの人間は面白くない。

なので、1人ずつ交代すれば良いのだ。矢面に立つ準備が出来た人間に交代していけば良いのだ。

世界的なアニメ会社ピクサーの体制はそんな感じに見受けられる。

毎回、監督(矢面に立つ人)が変わり、その人(時に数人)の作家性を活かした作品を、他の作品の監督やスタッフの方々が磨いていく。

あの数々の名作、それぞれの個性に溢れた作品は、個人の力を活かしたからこそ生まれたのだと思っている。

 

矢面に立つ勇気を持つことのできなかった人間は、その分、面白いことは出来ないかもしれない。

でも、もしかすると、支えること自体に生きがいを感じる人もいるかもしれない。

 

人間それぞれ。

 

色々な意味で落ち着いて、丸まった感のある日本。

 

これからは、突出した勇気ある個人を支えるようになって欲しい。